さくらんぼの品種紹介

余市町・藤本観光農園
余市町の果樹園 藤本観光農園TOP ショッピング カゴの中を見る お買い物方法 特定商取引法に基づく表示 お問い合せ
農園紹介
こだわり 
カレンダー
アクセス
さくらんぼ
ぶどう  
りんご
さくらんぼ狩り
ぶどう狩り
りんご狩り
旬だより
BLOG
電話0135-22-3624 北海道余市郡余市町登町1976番
カウンター
さくらんぼ

北海道のさくらんぼは、山形県に次いで全国2位の栽培面積であり、全道の果樹生産額の約3割を占める重要な品目です。美味しいさくらんぼ栽培には、恵まれた自然環境がかかせない要素ですが、ここ余市町は高冷地気候で、昼夜の気温差が大きいので、この気温差がさくらんぼの糖度を高くし、着色もよくします。まさにさくらんぼ栽培に適した土地なのです。

大変デリケートなさくらんぼですが、当農園で販売のさくらんぼは通常のパック詰めと違った、いたみにくい方法を使用しております。余市町のさくらんぼは6月下旬から7月下旬が旬。艶やかに輝く果肉に美味しさが詰まった夏のフルーツです。

佐藤錦佐藤錦(6月下旬から7月中旬)

佐藤錦は1912 年に「ナポレオン」と「黄玉」を交配して誕生させたと推定される実生から育成した品種です。
甘味と酸味のバランスが絶妙で、甘味が強く最高級のサクランボとして扱われます。甘くて、暑い夏にはぴったりです。栄養成分も優れており、とくに葉酸は国内の落葉果実の中でも、クリについで多く含んでいます。

水門水門(6月下旬から7月中旬)

小樽の水門近くで発見されたので、「水門」と呼ばれています。
果肉が柔らかく、甘さと適度な酸味のバランスのよさが特徴のさくらんぼ。
北国北海道では人気のある品種で、別名「北光」とも呼ばれます。果実は短心臓形で大きく、尻がややとがっているのが特徴。
雨による裂果が少ないのも特徴の一つで、とても鮮やかな赤い色をしています。

南陽南陽(7月中旬〜7月下旬)

南陽は、少し遅い7月末頃から収穫される最高級品種で、1957年にナポレオンの交雑実生のなかから選抜されたものです。大粒といわれるナポレオンよりも一回り大きく9〜11gくらいになります。とても糖分が高く、酸味が少ないのでジューシーな品種。全国的にも近年人気の品種です。果肉はしっかりとした硬さで、果汁も多く食べ応え十分の品種です。

お買い物はこちら
ページトップへ
余市町の果樹園 藤本観光農園TOP | 農園紹介 | こだわり | カレンダー | アクセス | さくらんぼ | ぶどう | リンゴ | さくらんぼ狩り | ぶどう狩り | リンゴ狩り
旬だより | ブログ | ショッピング | カゴの中を見る | お買い物方法 | 特定商取引法に基づく表示 | お問い合せ